プロフィール

ちゃい×2

Author:ちゃい×2
2007.8.27生まれの♀うさぎ「小猪(しあおじゅう)」。ごはんをもらう前は、サークルを2往復ダッシュ。お野菜は飼い主のお腹の上で。トイレ完璧。なめるの大好き♪飼い主が顔をつきだすと、お鼻をぺろぺろ。かじるの大好き♪なんでもかんでもかじって怒られたときは、すぐ飼い主の手をツンツン鼻をぺろぺろして、ゴキゲンとるのが上手です❤

いくつになったの
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
パズルあむあむ小猪
さくら咲く
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ

 
2013年03月22日(金)

19日未明、母が亡くなりました。

この数年、母のことを中心に、生活がまわり、

24時間ずっと頭の中にあり、電話のベルにびくっとする日々。

入退院を繰り返してましたが、去年の初夏からはずっと入院。

このころが一番精神的にも病状的にも底だったかな。

ちょうどルオくんのことと重なってたから、きつかったです。

もうよくなることはないって言われてたけど、

この生活が、明日終わるのか、5年10年続くのかがわからない状態。

ただ、去年秋、転院してから、薬があったのか、環境があったのか、

精神的にも病状的にもすごく安定してて。

車いすへの移動も自分でできるようになり、トイレも自力で行けるようになりました。

リハビリも頑張ってて、こんな前向きな母を見たのははじめてでした。

私も今までの母との関係の中で、一番おだやかな気持ちで接することができた数か月でした。

亡くなる数日前から、少し元気がなくなって、食欲も少し落ちてたけど、

今までもそんな波の繰り返しだったし、何も不安には思ってなかった。

本人もそうだったかもしれない。

夜中、見回りのとき、不調を訴えたようですが、

その後ナースコールを押すこともなく、ひとりで逝っちゃいました。

押せなかったのか、押す間もないくらいすーっと逝ったのか。

後者であることを祈るばかりです。

今まで、私が病気になったり大きなけがをしたら、まわらなくなるので、

それなりに気を付けて、緊張感をもって生活してきたけど、

もうあんまり頑張らなくてもいいんだ。

走るのも、気分転換もあったけど、体力維持のため頑張ってたってのもあったし。

まったく運動をしない母が、私が走ってるのだけは、不思議なくらい喜んでくれてたし。

一度、家から病院まで35キロほど走って行ったことがあったんだけど、

下の駐車場まで車いすでおりて、笑顔と拍手で迎えてくれた。

いっぱいハイタッチして、楽しかった。

2001年に父が亡くなって、母も。

なんかひとりぼっちになっちゃったな、って感じ。