プロフィール

ちゃい×2

Author:ちゃい×2
2007.8.27生まれの♀うさぎ「小猪(しあおじゅう)」。ごはんをもらう前は、サークルを2往復ダッシュ。お野菜は飼い主のお腹の上で。トイレ完璧。なめるの大好き♪飼い主が顔をつきだすと、お鼻をぺろぺろ。かじるの大好き♪なんでもかんでもかじって怒られたときは、すぐ飼い主の手をツンツン鼻をぺろぺろして、ゴキゲンとるのが上手です❤

いくつになったの
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2012年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
パズルあむあむ小猪
さくら咲く
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ

 
2012年08月27日(月)

かっとび伊吹2012






長くなっちゃったので、お時間のある時にでも読んでいただければ、嬉しいです





******************************************************** 






家から会場まで、車で20分弱なので、8時に出たらよゆーなんだけど、

いつも通り4時起き。

やることやって、やることなくなって、二度寝する気にもならず、

朝からぎらぎらの太陽を見てると、

「エアコンの効いた部屋で、お嬢様とねごねご一日。いいよなー。」

なんて誘惑に負けそうになるので、ちょいと早めに出発。









駐車場から、受付場所まで歩く間に、落ち込む。



だってねー。

こんな暑い盛りに、1197mも駆け上がる大会に出ようなんて思う人たちは、

右見ても、左見ても、前見ても、後ろ見ても、

みーんな、鍛え方が半端なかったりして、惚れ惚れするカラダ。

自分の体が、より一層、ぽにょんぽにょんに思え、消え入りたい




でも、私は私。

精一杯力を出し切って、心の底から楽しむのだー!

と言い聞かせる






予想通り? 予想以上?の晴天。

ときどき曇って、期待を持たせるけど、昨日の太陽は強かった

画像-0001







朝早くから、立派な施設を開放してくれ、更衣室・トイレもすきっすきのがらっがら♪

ありがたーい。

(男子トイレは並んでました。)


画像-0004

↑「あそこまで行くんだ~。」いつも見てる風景なのに、しみじみ






時間がたっぷり。

一部荷物をあずけて(ゴール後、ドライブウエイ8合目の駐車場で受け取り)、

ちょいとウロウロ。







画像-0005

↑ついつい何度も見ちゃう。「あそこか~。今日、ちょっと高くないかい?







ぎりぎりまで、日陰に避難。

スタート前の太鼓の演奏が聞こえてきたので、

スタート地点に移動。






画像-0006

↑「うん? 今日、ちょっと遠くないかい?








遠慮がちに、後方スタート。



まず山に向かって、1.7キロほど。

・・・遠慮しすぎた

ちょっと脚が詰まる感じ。

するするっと、端っこから、抜かしていく。

ふもと手前で、前方を見ると、

もう先頭ランナーたちがつづら折り林道をのぼっていってるのが見える!

緑の山の中に、カラフルなウエアーがきれい!

なんて感心してるばやいではない




私も、林道に突入。 

1合目までは、いくら遅くても絶対歩かないって決めてたので、

2.6キロの林道を、黙々と。

何度か走ってたので、まーまーコース取りもうまくいって、

まーまー上手く抜かしていける。




試走の結果から、1合目まで30分でいけたら、

あとは、超早歩き(3合目付近のみラン)で、102分で登頂予定。

でも、暑さで、+10分。渋滞で、+5分。

が妥当なとこかな。と思う一方、

何かがとちくるって、-2分なんてのあったらラッキー100分切り♪

なんてあま~い考えも1%ほど







1合目。

時計を見ると、28分!

2分、貯金~。

わー。ここからは、いつも通り。

周りが走っても、絶対走らないぞ。

ずーっと同じペースでいくぞ。






2合目までの急坂のゲレンデも、コツコツ前へ。

ひとりひとり抜いていく。





3合目手前。

唯一走れる区間で、「よ~し」と一歩踏み出した瞬間、

左ふくらはぎ、ぴきっ

「ま、まずい・・・。まだ3合目手前だよー。」

「今まで何度上っても、足つったことないのに・・・。」

棄権はありえない!

作戦変更。

走るのあきらめる。

歩幅を広げないよう、がしがしパワーウォークに徹する。







3合目。

わー。大音量で「ゆず♪」

元気でるー!





元気でるといえば、コース上にいーっぱいのボランティアスタッフ。

給水はもちろん、

「大丈夫ですか?」「ここからは、岩場が続きます。気を付けてくださいね。」

などの声掛けや、

霧吹きをもって、顔・体にふきかけてくれたり、

柄杓で、頭からざぶーって、水かけてくれたり、

暑い中、立ちっぱなしで、サポートしてくれました。

そういうサポートがなかったら、暑さでやられて、完走できなかったと思う。

本当に、感謝です。





一瞬、下の景色を見たりしながらも、がしがし歩く。

5合目手前、同じウォッチの男性が話しかけてくれて、ちょっと気分転換。





岩場に入り、どうしても歩幅が不規則・大きくなる。

両ふくらはぎが、ときどきぴきっ

8合目くらい?

大きな岩をのぼった瞬間、後ろ脚のふくらはぎが、ぴっきーん! 

そのまま進んだら、転倒しそうだったので、後続に道をゆずって、しばし止まる。

「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた男性ランナーさん、ありがとうございます。

みんな、自分のことで精一杯、声を出すのもめんどーな場面の中、元気でました!





「がんばれ! 私の脚ー!」と大声で叫んで、再出発。




ここまで来たら、自分で上まで行くしかないしね。

歩幅をできるだけ狭めて、がしがしがしがしっ



また少しずつ抜かして、

最後、走って、ゴール。

(大会発表10キロだけど、私の時計では、9.4キロでした)



画像-0008

↑格別おいしかった、昨日のソフトクリーム。「子供に大人気」だソーダ








さて、ここから、いつも通り、走って降りるか、

お迎えのバスでドライブウエイを爽快ドライブで戻るか悩んでたら、

脚つったときに傍にいた男性ランナーさんが心配して声をかけてくださる。

しばし、歓談。

こういうのが楽しいんだよねー。

同じ目的でがんばった仲間。

性別も年齢も速くても遅くても関係なく、会話がはずむ。

↓「せっかくだから、記念に。」と。

画像-0011

あー。写真写り悪いわ、私









ってことで、もう一枚。

画像-0010

う~ん、やっぱり、写真写り悪い!・・・・ってことにしといてね







そうこうしてるうちに、脚も完全復活。

何よりこのまま車でするっと帰るのがもったいない気がして、

走って戻ろう!

問題は、預けた荷物。

登山道と反対側の8合目までおりて、荷物を回収。また頂上までのぼって(1.3キロ)

・・・ってのが、昨日一番の難関だったかも




いろいろ想い返しながら、景色を堪能しながら、幸せ気分で下山。

途中、先週試走に来られてた男性ランナーさんと再会。

覚えてくださってて、感激。

ちなみに、この方、1時間9分で完走! 

昨日の私の下山(6.9キロ)タイムとほぼ同じ いやはや、すごい。










下山後、お風呂入って、評判の「いちごミルク」を食べながら、

表彰式鑑賞

画像-0013









総合優勝のお二人。

画像-0015

男性は、20代。1時間3分。

女性は、40代。1時間18分。






私、108分。

出し切った108分。

女子年代別で12位。

夏、いっぱい通って、いっぱい元気をくれた伊吹山。

夏、終わっちゃうなー。   ・・・まだまだ暑いけど^^

山、楽しかったなー。   ・・・まだ数回は通うつもりだけど^^











なーんて浸ってたら、

山の神様からの夏のごほうび↓


画像-0017

iPod!










************************************************************










ブロッコリー葉っぱ、もぐもぐ。

お留守番ありがとう!のごほうびブドウ、ちゅるん。

シソ、わしゃわしゃ。

にんじん、持ち逃げー!


大興奮ちゃぶ台で過ごした昨夜の小猪、本日、めでたく5歳になりました







br_decobanner_20091006131049.gif  いつもありがとうございます